個別指導塾1本で受験を乗り切る

こんにちは、自称中学受験専門家の雨宮です。

前回の記事では集団塾のサポートとして、個別指導塾を紹介しました。

しかし、今回私が伝えたいのは、集団塾のサポートとしてではなく、メインとして個別塾で中学受験を戦うことについてお話します。

その前に、集団塾と個別塾のそれぞれのメリット・デメリットについておさらいしましょう。

<集団塾>
メリット : 信頼と実績がある。競争させて子供を伸ばす。有名な先生がいる。受験に関する知識が豊富。
デメリット : 対集団なので、1人ひとりに目が届かず、また、一人ひとりに合わせられない。

<個別塾>
メリット : 一人ひとりに合った指導が可能。マンツーマン指導のため目が行き届き、細かく学習状況を把握している。
デメリット : 競争させる環境にない。大手集団塾ほどの実績がない(わかりにくい)。少々不安である。

以上の比較を見た結果、気づくことがありませんか。

そうです。競争の部分以外は個別塾は負けていません。

実績に関しては先生によって変わるわけです。例えば、もともと大手集団塾で指導経験がある先生であれば、個別指導塾のデメリットをカバーすることが可能です。中学受験専門の個別指導塾であれば、そういった先生がたくさんいます。大手集団塾には合格実績も数で負けてしまいます。広告にもあまりお金をかけられません。

しかし、探せば、結構合格実績もあり、指導力の高い先生がいる塾もあります。

そういった塾であれば、個別指導塾一本で戦うことが可能になるのではないでしょうか。

集団塾の補助的な役割として、個別指導塾を活躍するのもいいですが、ぜひ個別指導塾をメインとして中学受験を考えてみてください。